片づけ

手放す「前に」やってみると実感すること【ミニマリスト メルカリ】

片づけ

 

どぉも、ボーノです

ミニマリストになろう!!
と思い立って、あれやこれやとやってきた僕ですが

この出来事が自分の中で、「大きな変化」をくれなたー
と思うことが1つあったので
今日はそれについて少しお話ししたいと思います

 

ミニマリストをなんでめざしたのか
どんな変化があったのか

はこちらの記事にまとめましたので
良ければ合わせてご覧ください↓

 

手放す「前」にやってみてほしいこと
結論を先に言うと
「メルカリに出品する」ということです

 

「そんなこともうやってるよ〜」
という声や
「面倒だ、そんなことしてる間に片付け意欲が減る」
という声がなんだかとっても聞こえてきました

そりゃそうですね
みんなやってますよね、メルカリ

僕もやってます
だいぶお世話になってます

でも、多分「ミニマリストになろう」と意識するまで
ただ本当に、なんとなく
売り買いしていただけだったと思います

 

メルカリに出品したことがある方はわかると思うんですが

値下げ交渉当たり前
買った時の価格よりだいぶ下がる…
「いいね」がつくわりに売れない

こんなことがザラにあります

もちろん
用途が違って、転売で儲けている方もいるかと思いますが

整理整頓という観点から
家にあった不用品を出品した場合で
そんな高値がつくことはそうそうないのではないでしょうか

 

 

それでもあえてやってほしいんです
どうせ捨てるんだとしても
一度出品してみてほしいんです

それはなぜか…

こんなに価値の無いものが部屋に置いてあったのか
と実感するためです

 

一度「所有」するだけでも
びっくりするぐらい価値って下がります

それが例えほぼ使っていなくて
「未使用に近い」と伝えたとしても
購入時の価格と同等で売れないことは多々あります

その「モノ」の流行りすたりがすっかり過ぎて
買ったときのあの値段って一体なんだったんだ…?
と打ちひしがれることも…

 

「手放す」の前にやっていただきたかったのは
これを実感していただきたかったから

僕自身が経験したことでもあるんですが
ただ捨てると
スッキリして満足してしまうんですよね

「あぁ〜片付いた。スッキリ!」と
そしてまた買ってしまい
気づいたら同じことを繰り返す。笑

それでは一向にモノは減らないし
片付かないと思うんです

 

モノを厳選し、上手に付き合っていくには
モノの「価値」について考える力を養う必要があると思います

それも、「自分の思う価値」と「周りが考える価値」の両面から

買うときに商品についている値札が
イコールでその商品の価値ではありません

メルカリでうちのめされることで
僕はその力を養うことができました

 

特に洋服は、びっくりするぐらい売れませんでしたね
それには相当懲りて
今の自分があります

 

逆に、メルカリで売れなくても
例え周りが価値が無いと判断しても
それでも心から「必要」と自分が思えて
大切にしたいと思うものは
胸を張って所有しています

 

いくら手放しても
自分の型が見えてこない方がいましたら
ぜひ、手放す前に一度試してみてください

 

▼いつも応援ありがとうございます。
下の画像を押して応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

\シェアする/
\ボーノをフォローする/
ミニマリストの「ほのぼの生活」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました