週末にほのぼのと珈琲を焙煎中。ご注文はコチラから八七一珈琲

ほのぼの楽しむ、夫婦二人暮らしのクリスマス【ミニマリスト クリスマスツリー】

 

どぉも、ボーノです。
夫婦二人暮らしのクリスマス、ほのぼのと過ごしております。

僕ら夫婦のクリスマスは
毎年だいたい自宅
(「イルミネーションは混むし、家でゆっくりしたいよね」派の僕ら。笑)

ツリーは数年前から、壁掛けのタペストリーに

ミニマリスト クリスマスツリー 

使わない間も、布なので
パタンパタンと折り畳んでしまっておけるので
場所を取りません


ボーノ
ボーノ

ツリーって場所とるし
1年で1回しか使わないしな…

なんても思った時期もありましたが
タペストリーのおかげで解決

何より、クリスマス時期になると
相方さんとってもウキウキで子供のように楽しみに
クリスマスソングを口ずさむので…笑

こういう行事を楽しむ気持ちは
なんだか無くしたくなかった

 

夕飯は相方さんがいつも手料理を作ってくれて
それを食べながら
二人で大すきな映画「ホリディ」を観ます

 

2006年の映画で、もう結構古い映画ですが
観る度に温かい気持ちになり、勇気が湧いてきて
クリスマスと年末年始を
しあわせな気持ちで過ごせるので
僕らにとって、とても大切な時間となっています

そしてプレゼントは
サプライズなどはだいぶ昔に終了しまして
お互い「本当に欲しいモノ」を交換し合います

「面白みがないな〜」と言われてしまいそうですが
付き合った時間も合わせるとかれこれ10年以上一緒にいるので
サプライズもネタがつき…笑
「必要なモノもらえる方が嬉しいもんね」とお互いに納得

 

これが我が家のクリスマス

特段刺激的なことはありませんが
この穏やかな1日の過ごし方が
僕はとってもすきです

きっと昔の僕なら、冷めた目で
「特別感が無いー」
と反論していたと思いますが。笑

そもそも「特別感」は誰基準なのでしょうか?

若い頃は
「俺は彼女とこんなクリスマスを過ごしたんだー!」
と人に自慢し
「素敵な過ごし方だねー」
と言われたくて過ごしていた気がします

いやはや、お恥ずかしい…笑
でも、当時は当時で
当時の自分が一生懸命考えていたはずなので
それはそれで大切な時間だったと自分でも思っております

そのおかげで
本当に大切にしたい
「自分の価値観」に気づけました

僕にとって特別で
いや、僕らにとって特別で
誰よりも、自分たちが
「素敵な1日を過ごせた」
そう思えることが1番大切なことだなと
今では強く思います

 

皆様にとっても、今日というこの日が
「特別」で素敵な1日になりますように…

良いクリスマスをお過ごしくださいませ〜

 

 

▼ランキングに参加中です!
下の画像を押し、応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「ほのぼの生活」をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代、夫婦二人暮らし。日々、誰のためでもなく、自分がいかに「ほのぼの」暮らすかを追求して楽しんでいるミニマリストです。週末は珈琲の焙煎をしています。このブログでは、そんな僕の「ほのぼの生活」を記録していきます。

目次