片づけ・掃除

僕が手放して、1番楽になったもの【ミニマリスト 人間関係】

片づけ・掃除

 

どぉも、ボーノです。
日々、ほのぼの過ごしています。

こうして今、ミニマリストとして
「ほのぼの生活」できるようになったのは
いろんなモノ、コトを手放してきたからこそ
と思っていますが
中でも1番手放したことにより
変化が大きかったな~と思うものは
「人間関係」です

不要な人間関係・中途半端な関わり方
を手放したことにより

見栄をはり、人の目を気にして
「モノを買う」ことが無くなったので
不要なモノが家にたまることがなくなったり

なんとなくの付き合いで遊んだり
飲みにいくことがなくなったので
時間やお金を
むやみやたらに奪われることもなくなりました

 

人が生活していく中で、悩みのほぼほぼを占めるもの
それは人間関係だと思います
切っても切れないのが、人間関係
そんな簡単に手放せないのも人間関係

そして僕は、自分で言うのもあれですが
結構…人がすきなタイプの人間です
だからこそ、ついつい自分から関わりにいってしまって
悩みの種をたくさん蒔いておりました

ボーノ
ボーノ

収穫が地獄のようだったな〜笑

 

そんな僕が
人間関係を手放すために行ったことを、2つ
ご紹介したいと思います

 

1.中途半端な人間関係を見極める

何も誰彼構わず「全く人と関わらないようにする」
という訳ではなく
この「中途半端な人間関係」を見極めるのが大事だなと…

・関わってると自分が嫌な気持ちになる人
・相手に自分が合わせないと関係を続けられない人
・お金や時間を奪われる人

僕はこういう人とは「距離」を取るようにしました
また、いつもそれを見極めるのに時間がかかり
ずるずるといくので、スリーアウトルールを採用

3回「あれ?なんかこの人…」
と上記のことを感じさせる出来事があったら
潔く離れることに

また、その際は「嫌い」ではなく
「今は波長が合わない」と距離をとることに

変わってくれないその人が悪い訳ではなく
相手に合わせられない自分が悪い訳でもなく

単純に、今その相手と
僕のタイミングが合わないだけ

相手も僕も悪くない
ただシンプルに「波長」が合わないだけ

この先、いつかまた
波長が合う日がくるかもしれませんしね

その日まで、少し離れたところで
お互い楽しく平和に過ごしましょ
という感じです

2.自分のことを満たすのに、人を頼らない

1で波長が合わない人と距離をとりましたが
相手と日々良好な関係を築ける人間であれるよう
自分の行動を見直しました

具体的に言うと
自分を保つために、人を「利用」するのを辞めました

人に褒められると嬉しいですし
人に認めてもらえるとちょっと鼻が高くなりますし
人に頼られると力が湧いてきます

でも、それを自分の「中心」に置いてしまうと
物凄く不安定なことになってしまいます

あくまで自分のことを満たすのは、自分でやる

自分を満たすことって
実際やってみると
そんな大それたことしなくても良かったりします
(自分のことだから、自分が喜ぶことも結構知ってるし。笑)

また、意識してみると
「あぁ、こんなことも嬉しいって思うんだな!」
と新たな発見が生まれたり…

そういうのを毎日少しずつ少しずつやっていく
そうやって自分で満たせるようになると
自然と、自分を自分で保てるようになって
「自分でなんとかできる」と自信も湧いてくる

人からいただいた嬉しい言葉は
ボーナスのように感じられ
人が頑張ってる姿は
起爆剤のような良い刺激になる

だから日々穏やかに過ごせるし
ご機嫌でいられるようになります

まとめ

以上、僕が行ったことでした

この2つを行なって
不要な人間関係を手放し
「自分」に集中できるようになったら
とても心穏やかに
ほのぼのと過ごすことが出来るようになりました

また、手放したことにより
より大切な人達についやせる時間が増え
幸福度が増しました

 

「自分」に集中することができるようになり
やりたいことも増え、思い切ってチャレンジすることで
新たな出会いもたくさんありました

 

書ききれないぐらい
もっともっとたくさんあります…

 

 

余白をつくり
風通しをよくする

そうすることで
物事が上手くまわっていく

そんなことを、本当に強く実感しました

これからも
上手に、手放して
また紡いでいきたいと思います

 

 

 

▼ランキングに参加中です!
下の画像を押し、応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

\シェアする/
\ボーノをフォローする/
ほのぼの生活
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました