モノ

「値段」ではなくモノ自体と向き合う【セブンイレブンの折り畳み傘】

ミニマリスト モノ

 

どぉも、ボーノです

ミニマリストになり、1つ1つのモノへのこだわり・想いが強くなり
僕の中でモノとの付き合い方に変化がありました

その変化とは
値段に関係なく、モノを最後まで使いたすようになったこと

 

 

こちらは、僕のお気に入りの傘

セブンイレブンで買った折り畳み傘ですが
もう、かれこれ2年ほど使っています
値段は1,000円程でとてもリーズナブル

ワンタッチ開閉式で
傘カバーにはチャックが付いており
収納がしやすいところが魅了です

また、傘カバーの内側がタオル素材になっていて
水分を吸収してくれるので
傘を一旦しまって電車に乗る際にも
手やカバンが濡れないので
とても重宝しております

 

以前はビニール傘を使っていましたが
雨の日に持っていくのを忘れたり
急に雨が降ってきたときに、傘をついつい買ってしまって
家にビニール傘が何本も溜まっている…
なんていう状況が嫌になり
こちらの折り畳み傘を購入しました

こうしてリュックのサイドポケットに入れ
常に持ち歩くようにしたら
もう本当に便利すぎて
なんで最初からこうしなかったんだろうかと
今ではもうなくてはならない存在に

 

そんなお気に入りの傘
全然壊れず、大活躍だったのですが

ある日突然
傘カバーのチャックの取っ手部分が折れてしまいました…

「まぁ、取っ手部分だし。使えないことはない」
と軽視して、使っておりましたが
これがなんとも使いづらい

一度気になってしまうと
なんだかとても嫌な気持ちに…

セブンイレブンの傘だったので
帰り道の途中にあったセブンイレブンに寄ってみると
同じものが変わらず売っていました

新品の折り畳み傘たちが
ずらりと並んでおります

「1,000円だし、いいか…」

と一旦手に取ったのですが
なんだかリュック横にさしてある僕の傘が
寂しそうだなーと
その日はなんだか買う気になれず

 

傘自体は壊れていないので
変わらず使えますし
これまでずっと頑張ってきてくれている傘なので
なんとか使い果たしたい

何か取っ手部分に代わりになるものを取り付ければいいのか
と考えていたら
救世主が登場しました

いつもお世話になっている革小物屋さんに相談してみたところ
その場でちゃちゃっと
革の切れ端で
取っ手部分を作ってくれました

さすが職人さん

なんなら元々付いていたものより
全然おしゃれでいい雰囲気が出ました

「1,000円だし…」
そんな風に思ってあのとき買わなくてよかった

 

なんだかより一層
愛着が湧き
「大事に使おう」
と改めて思うことができました

 

 

コスパが良いもの
機能的なもの
見た目がいいもの

そうやってモノを選び
持つことも大事だと思うのですが

持った後
こうして値段の高い安いに関係なく
モノを使い果たす
という気持ちで
ひとつひとつと向き合うことが大切だなと
そんなことを思いました

 

僕の大事な1,000円は無くならず
傘への愛着は増し
また変わらず使えるようになり
良いことづくしです

 

縁あって
僕のところへやってきてくれたモノたち
これからも大事に使おうと思います

 

▼いつも応援ありがとうございます。
下の画像を押して応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

\シェアする/
\ボーノをフォローする/
ミニマリストの「ほのぼの生活」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました