モノ

お気に入りの下駄、活躍の場を考える【スノーピーク日田下駄】

モノ

 

どぉも、ボーノです
ベランダのボロボロになったサンダルを手放し
お気に入りのスノーピークの下駄に、変えました

ボロボロのこのサンダルは
ダイソーで購入し
かれこれ4年程使っていたもの

「どうせベランダで使うモノだから、なんでもいいやー」
という感じで
当時、購入したモノでした

気づいたらこんなにボロボロになっていて
そろそろ買い替えるか〜と考えていたときに
ちょうどいいものが
我が家にあることに気づきました

 

友人に誕生日プレゼントでもらった、スノーピークの日田下駄
とても気に入っているんですが
長時間履くと靴づれを起こす…

何度かチャレンジしたんですが
脱いだ後はいつも
このありさま…

 

「男の勲章」とでも言いたいところですが
普通に痛いです。笑
風呂のシャワーが特にダメージ大です…

先日も夏の終わりを感じたので
「こりゃーいかん!下駄履いとこ!」
と思ってルンルン気分で履いたら
見事に靴づれ

 

毎度これなので
「僕は下駄を履けないのか…?」
と、落ち込んでいたら

ベランダでボロボロになっていたサンダルと目が合い
閃きました

そうだ、ベランダで使おう!

 

流石にベランダに出るぐらいなら
下駄を履いても、靴づれは起こさない。笑

そして、ベランダに出る度に
カラン、コロンと
下駄の良い音がする

うん、中々いいじゃないか

 

「とりあえず、なんでもいいから」
と使っていたダイソーのサンダルよりも
ずっとずっと
気分が上がる

ベランダは僕にとって、お気に入りの場所の一つ
そこに、お気に入りの下駄が加わり
これまた、お気に入り度合いが上がる

 

また、ベランダで使うことにしてから
「下駄は夏に履くもの」
という固定概念も外すことができました

これまた自分には大きな気づき
ついつい季節やシーンで
モノの使い道を絞ってしまいがち

自分の生活で使うなら
どんな使い方をしたって自由

気づくと「常識」みたいな型に
ハマってしまう自分がいることに改めて気づく

 

とはいえ、大切な下駄が
雨で腐敗しては困るので
雨がなるべく当たらない場所へ
かつ、雨水がたまらないように
窓のさんにひっかけて、斜めにして置いておく

 

「どうせベランダで使うだけだし…」
とボロボロにしてしまったサンダルのことを反省し
この下駄を、今度はベランダで大事に使おう

 

大切なモノだけで固める生活が
また一歩前進

 

▼いつも応援ありがとうございます。
下の画像を押して応援いただけると嬉しいです!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

\シェアする/
\ボーノをフォローする/
ミニマリストの「ほのぼの生活」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました