週末にほのぼのと珈琲を焙煎中。ご注文はコチラから八七一珈琲

大きい家具にお金をかけずに「さよなら」する方法【家具の処分方法】

 

どぉも、ボーノです
大きい家具の処分ってお金かかりますよね
できれば無料で行いたいところ…

無料とまではいかなくても
なんとかお金をかけずにさよならしたい…

 

今の家に引っ越す前は
メゾネットの家で1階に寝室(7帖)、2階にキッチンとリビング(10帖)
でしたが

それを
リビング兼寝室で6帖
にぎゅうっと小さくした僕です

 

あわせて読みたい
引っ越しでモノを減らした2年前、その後の変化【ミニマリスト 変化】 どぉも、ボーノです。 2年前、引っ越しでモノを減らしました。 この写真は、まだ何も置かれていない 今の部屋の写真 我が家のリビング兼寝室は6畳です ここに越してく...

 

その際に、さよならした
大きな家具がたくさんありました

・ベッド
・ラグマット
・ローテーブル
・無印良品のビーズソファー
・ソファベッド
・テレビ台
・ハンガーラック
・ラック
・机

 

書き出してみて
自分でも今びっくりしています

今の家には絶対入りきらない…笑

 

でも、大きな家具達って
処分するとなると
結構お金がかかりますよね

 

びっくりしたのは
ソファを処分しようとして調べてみたら
3千円かかるということ

買うときにもお金がかかるけど
処分するときにもこんなにかかるとは…

 

何とかお金をかけず処分できないか…

また、まだまだ綺麗で使える状態のモノもたくさんあり
お世話になった家具達なので
何とか上手い具合に
誰かの手に渡って使ってもらえないか…

そんなことを考え
僕がやったことは下記の通り

  1. 家族にもらってもらう
  2. 友人にもらってもらう
  3. ジモティーに出品
  4. リサイクルショップに引き取ってもらう
  5. 区の粗大ゴミセンターに持参する(持参すると無料になった)

 

1から順番に行動していき、5は最終手段に

 

意外と使い勝手が良かったのが「ジモティー」

処分するのに3千円かかるはずだったソファベッドは
3千円で売れました

 

「引き取りに来てくださる方優先」
にしたため
発送等の手配は不要で
あっという間に持っていってもらえました

 

また、最終手段にした
「区の粗大ゴミセンターに持参すること
もお金をかけずに手放すことに
一役買ってくれました

 

最近だと、よく日曜あたりは
廃品回収の軽トラが
「壊れていても構いません〜」
と走っていて、引き取ってくれますが

以前回収してもらったとき
ラグマットで4千円とられました…
(今考えると僕がただぼったくられているだけ)

 

それが区の粗大ゴミセンターに持参したところ
0円になりました

 

「面倒だから…」
とついつい思ってしまいがちですが
自分でやることでお金がかからなくなることって
本当にたくさんあります

それは今回で痛感しました

 

また、今回こうして経験することで
大きな家具を所有することについて
使い終わった後のことまで
しっかり考えられるようになりました

その甲斐あって
「やっぱり買い戻そう!」となったものが
1つもありませんでした

 

手間を経験し
知っておくということは
とても必要なことですね

 

大きな家具を何とかしよう
と思っている方おられましたら
ぜひお試しくださいませ

 

 

 

▼「読んだよ〜」とぽちりしていただけると
僕の”ほのぼの度”がさらに上がります〜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

「ほのぼの生活」をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代、夫婦二人暮らし。日々、誰のためでもなく、自分がいかに「ほのぼの」暮らすかを追求して楽しんでいるミニマリストです。週末は珈琲の焙煎をしています。このブログでは、そんな僕の「ほのぼの生活」を記録していきます。

目次