週末にほのぼのと珈琲を焙煎中。ご注文はコチラから八七一珈琲

手放して身軽になった、誰かの「常識」【ミニマリスト 手放した常識】

 

どぉも、ボーノです。
ここ数年の間に、手放したことにより身軽になれた、誰かの「常識」
を思い出した順に5つ、綴ろうと思います。

目次

1.お昼は同僚と一緒に食べるものと思う

以前は、お昼休みは毎日、同僚と何を食べるか相談し
会社近くの飲食店で食べる
ということをしていました
「一人で食べる奴=お昼食べる人いない寂しい奴」
みたいに思い込んでいたんだと思います

それが転職を機に一人で弁当がデフォルトに
好きな時間に1時間休憩するという会社だったため
そのスタイルに変わったのですが
こちら側に来て衝撃を覚えました
僕は今までなぜみんなと毎日のように食べていたのか…

一人で平気。
むしろ全然一人がいい。

みんな何食べたいかなんていちいち気にしなくていいし
食べたいもの食べれるし
弁当だから外食より全然食費かからない
そして自分に使える時間が増える

昼休みの1時間ってかなり大きかった
明らかに仕事の効率も上がった

何かでたまに、会社でランチに行きたい人がいた場合は
その時に自分から誘って、一緒に行けばそれで十分

「毎日一緒」のあの常識、なんだったんだろ

2.財布を持つのは当たり前と思う

会社と家の往復で、ほぼお金使うことが無い僕からしたら
財布は必要ありませんでした

以前は財布を持ってましたが
リュックにずっと入れっぱなし…
財布を持つのが当たり前
は、誰の当たり前だったのか…

もちろんキャッシュレスが進んで便利になったからこそ
できるようになったことだと思うけれど

そうやって時代の変化に伴い
自分の「当たり前」もアップデートしていかないとだな〜
と改めて気づかされた出来事の一つでした

財布なし生活について、詳しくはこちら☟

あわせて読みたい
【Sinjimoru レビュー】「財布なし生活」はじめました    どぉも、ボーノです 先日から、「財布なし生活」はじめました 結論から言うと、ものすごく快適になりました 正直、財布を手放すということに関して 「自分は絶対...

 

3.付き合いの飲み会は必須だと思う

〇〇さんに誘われたから…
■■さんと△△さんが行く飲み会だから…

と言って必ず行かなきゃと思っていた
付き合いの飲み会
不用だったなーと

そもそも、仕事だけじゃなく
友人関係もそうだけど
毎回飲み会に行かないと保てないような付き合いなら
いらないなーと

もちろん、自分が「この人と飲みたい!」と思えば行くし
なんなら進んで自ら誘う

「しょうがなく」とか
「気乗りしない」なら

お金も時間も奪われるし
相手にも本当に失礼なので
行かないことにしました

 

人間関係のことについては、こちらの記事により詳しくまとめました☟

あわせて読みたい
僕が手放して、1番楽になったもの【ミニマリスト 人間関係】   どぉも、ボーノです。 日々、ほのぼの過ごしています。 こうして今、ミニマリストとして 「ほのぼの生活」できるようになったのは いろんなモノ、コトを手放して...

4.同じ服を着てるのはおかしいと思う

毎日のように同じ服を着てるのは
「おかしい」
「恥ずかしい」
と思っていました

「流行に無頓着と思われるんじゃないか」
と恥じていたのかもしれません

今では、無頓着と思われてもなんとも思わず
むしろその通りかもなんて思ってしまうぐらい…笑

自分が着たい服を着て
周りに迷惑をかけるわけじゃなければ
好きにすれば良かったのに
何をあんなに気にしていたのか…

大前提として、洗濯もせず
同じ服を何日も着てきて
不潔な状態というのは僕も無理です

でも、洗濯していれば清潔だし
みんなそんなに僕が普段何着てるかなんて
興味ないよなーと

ちなみに僕の仕事着は、年間で上下6着☟

あわせて読みたい
1年間、仕事着は上下6着で着回す【ミニマリスト男性の仕事着】   どぉも、ボーノです。 1年間、仕事着は上下合わせて6着で着回しています。 僕の職場は、「スーツをカッチリ着こまないといけない」 というわけではないものの ...

5.寝てない人が偉い

最近あまり聞かなくなってきたけれど
僕が若い頃よくあった、あの
「俺、今日〇時間しか寝てないからさ」
という、謎の“寝てない自慢”はなんだったんだろうか…

「ただの不健康じゃん。笑」
って今は思う

こんつめて
そんなボロボロになる程作業するぐらいなら
日頃から負担がかかりすぎないよう
計画的に作業したい

じゃないといくら良いパフォーマンスを発揮したとしても
「継続」していけない
僕は持続可能な自分でいたい

最近、早寝早起きするようになって尚更思う

 

 

「朝日が気持ちよくて、本当にご機嫌で過ごせる!」
と、友人に話したら
「爺さんかよ!」
って笑われたけど。笑

でも、その友人にも
「最近ボーノ、活き活きしてて本当いいと思う」
と言ってもらえた

僕は不健康自慢より
早寝早起きで、“ご機嫌自慢”をしたい

そっちのが、自分も心地よく過ごせるし
周りにも話しかけやすい印象与えることができ
良い時間を共に過ごせると思う

 

まとめ

自分で「常識」と思っていることって
案外誰かが作った「常識」でしかなくて

自分には不向きなこともたくさんある
ということに、とても気づかされました

僕が「常識」を疑うようになったのは
人として憧れている方が
満面の笑みで
「常識は自分でつくるんだよ」
と教えてくれたことがきっかけ

頭ごなしに当たり前と思い込まず
自分にとってはどうだろうか?
と、これからも思考錯誤し
不要なものは、どんどん手放していこうと思います

 

 

 

▼ランキングに参加中です!
下の画像を押し、応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「ほのぼの生活」をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代、夫婦二人暮らし。日々、誰のためでもなく、自分がいかに「ほのぼの」暮らすかを追求して楽しんでいるミニマリストです。週末は珈琲の焙煎をしています。このブログでは、そんな僕の「ほのぼの生活」を記録していきます。

目次