週末にほのぼのと珈琲を焙煎中。ご注文はコチラから八七一珈琲

モノを手放すときに、僕がすること【ミニマリスト 手放し方】

 

どぉも、ボーノです。
ここ数年で、モノとの付き合い方がだいぶ上達しました。

ミニマリストになる前は
なんとなく「あ、これ良さそう」で手にし
安易に自宅へ招き入れ
使いこなせず、お別れしてきたモノは数知れず…

 

モノと上手に付き合うために
モノの「価値」について考える力を養う方法
につきましては、過去に記事にしましたのでこちらをご覧ください☟

あわせて読みたい
手放す「前に」やってみると実感すること【ミニマリスト メルカリ】   どぉも、ボーノです ミニマリストになろう!! と思い立って、あれやこれやとやってきた僕ですが この出来事が自分の中で、「大きな変化」をくれなたー と思うこ...

 

価値についても考えられるようになり
しっかり向き合えるようになった今は
下記の5つの順番で、手放すようになりました

 

①ジモティー・メルカリに出品

捨てるにもお金がかかってしまう
そんな、大きめの家具・家電はジモティーが意外と便利でした

あわせて読みたい
大きい家具にお金をかけずに「さよなら」する方法【家具の処分方法】   どぉも、ボーノです 大きい家具の処分ってお金かかりますよね できれば無料で行いたいところ… 無料とまではいかなくても なんとかお金をかけずにさよならしたい…...

遠方からでも、車で取りに来てくれる方が結構いらっしゃいました
(中にはレンタカーを借りて受け取りに来てくれる方も)

また、自分で梱包し発送できるモノ
高価でまだ価値がつきそうなモノは
メルカリがやっぱり強いなーという印象

ただし、ジモティーもメルカリも
買い手が見つからない時は
とことん見つからず
だんだん面倒になってきて「もういいか…」
なんて、どんどん手放すのが億劫になってくるので
期限を決めて出品するのが良いと思います

僕は期限が来ても売れない場合、潔く②に進みます

 

②近所のリサイクルショップに持っていく

一度「手放す」と決めたモノは
いつまでも家に置いておくのは良くないので
リサイクルショップに直接、持っていきます

たいしてお金にならなくても
次に使ってくれる人に渡ってくれればいい

それがモノにとって1番幸せなこと
と思うようにしました

僕は手放すと決めた後に
「高かったんだよなー、もったいない」
「使わないけど…とりあえず持っておこうかな」
と頭をよぎった時は
モノを擬人化するようにしています

自分が付き合うことができず
彼女として大切にできない子を
いつまでも振り回すだけ振り回し
その子が離れようとしたら
「やっぱり顔がタイプだから自分のそばに置いておきたい」

そんな状況なのか…
と思うと、大変申し訳なくなり
「しあわせになってください!」
と全力で門出を応援したくなります

ボーノ
ボーノ

ちなみに僕は、そんな風にモテたことはありません…

 

③使ってくれそうな人に譲る

リサイクルショップでも引き取ってもらえない場合は
もう、使ってくれそうな人に譲ることを考えます
友達、家族、知り合い、会社の人…

身近な人で、必要としてる人がいないか探します

場合によっては
ジモティーを活用し、無料で引き取ってくれる人がいないかも
探すようにしています

 

④リサイクルできないか考える

もう使ってくれる方もいない場合は
捨てる前の最後の悪あがきとして
「なんとか使える部分は無いものか…」
と、とことん考えます

最近ですと、僕は
夏用のインナーがヨレヨレになってしまい
もう使い道がなかったので
(当然売れないし、人にも譲れない)
ティッシュの代わりにでもしよう
と、ハサミで切って、布切れを数枚作りました

これが意外にも、使い勝手がよく
「洗濯できるティッシュ」として我が家では大活躍

おかげでこれまで何気なく使っていたティッシュの消費が
ピタッと止まりました

こんな風に、容器にストックしておいて
いつでもサッと使えるようにしております

便利すぎて、ティッシュいらないかも
なんて思えてきたり

 

⑤ゴミとして捨てる

④まで考えて、どうしても使い道が無い場合は
「ありがとうございました」
とモノに感謝をし
ゴミとして捨てます

 

 

以上。
モノを手放すときに、僕がすることでした

 

モノにも「命」があると僕は思っていて
僕のところには
「ちょっと寄ってくれただけ」
そんな風に思っています

だから、なるべくお互いに
長く楽しく、付き合っていけるよう心がけ

それでも互いの波長が合わなくなり
お別れすることになったときには
気持ちよくお別れできるよう
大切に向き合っていきたい

そんな風に思っています

 

▼ランキングに参加中です!
下の画像を押し、応援いただけると励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

「ほのぼの生活」をシェア
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代、夫婦二人暮らし。日々、誰のためでもなく、自分がいかに「ほのぼの」暮らすかを追求して楽しんでいるミニマリストです。週末は珈琲の焙煎をしています。このブログでは、そんな僕の「ほのぼの生活」を記録していきます。

目次